PROFILE

私はヨガ歴が長く

ヨガで健康維持をしてきました。



ヨガで元気になってれ疲れるまで何かを頑張ってしまう、を繰り返していました。

パソコンや読書を長時間すると後頭部左が痛み、後頭部左の奥ののコリは取れにくく

溜めてしまいがちでした。



そこをクリアする何かに出会いたいと願っていると、

友人の紹介で「ライオンあくび」とのご縁が繋がり



あくびをするような口の開閉運動で、

ふしぎだけれど、あくびと涙が沢山でて、頭がスッキリ



何かを感じて続けると、

身体と心に変化が起こってきました。



始めは、肩が軽くなり



数ヶ月過ぎると

後頭部のしつこい凝りが奥の方から少しずつとれ



1年程過ぎると

時折、感じていた、股関節の違和感がなくなり



3年後には、視力もアップしてクリアになりました。

(0.8と1.0 → 1.2と1.5に)これは、予想外のオマケですが

検診結果があるので説得力があります。



身体を流れる生命エネルギーの量が少なかったようで

疲労しやすく、そんな時にすると、すぐに疲れが取れ

私の場合は分かりやすく、継続につながりました。



(ヨガでその少なかったであろうエネルギーをまわして健康を維持できていましたし、

ヨガをしていたからこそBSセラピーに出会えたし、その重要性がわかりました。)



私にとっては、ライオンあくびは

口を大きく開けて

頭の奥にジワジワと心地の良い刺激が伝わり

まさに、頭をヨガしている感覚です。



ヨガのクラスの終わりにライオンあくびを

頭のヨガとして生徒さんに取り入れ始めたところ

大変大きな気付きがありましたのでTOPにリンクいたしまにした。



Home
Menu
記事一覧





~ヨガ指導の経験もふまえてわかりやすくお伝えいたします~